ようこそ! 鴻巣パンジーテニススポーツ少年団のブログへ

  埼玉県鴻巣市で活動する小学生のソフトテニスクラブです。ソフトテニスを通して子供たちの 健全な心と体を育てることを目的として活動しています。
 詳しくは鴻巣パンジーテニススポーツ少年団のホームページ(http://konosupansy.omegumi.com/)も参照して下さい。
 管理人は将来を担う子供たちの育成ために微力ながらも努力をしていきたいと考えております。
 

2014年2月23日日曜日

神谷絵梨奈選手(ヨネックス)のフットワークを使ったフォアハンドストロークの教え(その2)


 皆様方、こんばんはぁ☆彡。三寒四温の候にて春の兆しを感じる季節のはずですが、今年は、まだ冬将軍は威力も衰えず寒い日が続いております。

 
先般の大雪で、野菜や果物等の農産物が壊滅的な被害を受けており、管理人も心を痛めております。自然の脅威には、人間も中々逆らうことが出来ないのですね。

 さて今日は突然ですが、ボールペンのお話をします。皆様方も日常生活でボールペンを汎用されているかと思います。

 
ボールペンは、文字や図形を描くために使用する筆記具です。精密機械でもあり、文房具の一種でもあります。先端に金属またはセラミックス(ごく一部ボールぺんてるのように樹脂のものも存在します)の極小のボールがはめ込まれており、このボールが筆記される面で回転することにより、ボールの裏側にある細い管に収められたインクが筆先表面に送られて、線を描くことができる精巧なペンの一種です。この一連の機構がユニット化されたものをリフィル(レフィル)と呼び、ペン軸の内部に収めて使用します。
 英語では "ballpoint pen" (ball-point pen)、あるいは単に "ballpoint" と呼ばれております。「ボールペン」は和製英語だとされることもありますが、俗称・商業用語として英語圏でも "ball pen" と呼ばれることがありあます。


 ボールペンを発明するにあたっては、ペン先用極小ボールの高精度な加工・固定技術と、高粘度インクの開発が必要でした。従来の低粘度インクでは、ボールの回転と共に多量のインクがにじみ出してしまい、シャープな線を描けなかったのです。
1884年にアメリカ人のジョン・ラウドが着想しているが、インク漏れを防止できず実用になりませんでした。
1940年にユダヤ系ハンガリー人のジャーナリストのビーロー・ラースロー(László Bíró)によって世界初の近代的ボールペンが完成します。このペンは"birome"というブランド名で同年、アルゼンチンで販売されました。基本的な特許は1938年に取得していました。
1943年にビーローのbiromeペンをレイノルズ社とエバーシャープ社が量産化、戦後アメリカでブームとなりましたが、インク漏れをほぼ完全に防止でき、安定した製品が市場に出されるのは、1950年代に至ってからなのです。
1949年にオート社が日本で初めて鉛筆型ボールペンならびに証券用インクを開発しました。
1964年にオート社が水性ボールペンを世界で初めて開発、以降、各社から多彩な水性ボールペンが発売されることとなります。
1965年にポール・フィッシャーが窒素ガス加圧式のスペースペンを開発。後にNASAにも採用されました。
1982年にサクラクレパス社が分散系のチキソトロピー現象を応用した水性ゲルインキを開発・特許を取得しました。その後国内各社も高性能ゲルインキボールペンの開発に着手、ボールペンの性能は飛躍的に上がり、ボールペンの普及に拍車を掛けました。
当初は高価で普及せず、書いた後時間が経つとインクが滲むので公文書に用いることもなかったですが、量産効果と改良で品質改善・低価格化が進み、公文書への使用が可能となりました。1970年代以降は万年筆やつけペンに代わる、もっとも一般的な筆記具となっています。

皆さんは「なめらかボールペン アクロボール」をご存知でしょうか。PILOT社のヒット製品であることは有名だと思います。


 実はこのCMは大変にユーモアセンスがあって面白いのです。是非、下記の動画をご覧になって下さいね。本当に微笑ましいと思います。

 
 さて本題のソフトテニスです。今宵はヨネックスの神谷絵梨奈選手の華麗なフットワークを駆使したフォアハンドストロークの講習(その2)の動画で観てみましょう。前回は回り込みうちを含めた左右の動きでしたが、今回は前後に動いて打つストロークです。管理人らが主催しました埼玉県スポーツ少年団ソフトテニス部会の平成25年度ソフトテニス指導者講習会の模様です。講師としてヨネックスの神谷絵梨奈選手と山瀬侑希選手が来てくれました。

 



 それでは、動画をご覧になって下さい。風の音を拾ってしまって、音声が聴き辛いですがお許し下さい。
 

 ここで、神谷絵梨奈選手が挙げましたポイントを纏めてみましょう。①先ずはパワーポジションから入ること、②ショートボールを取りに行く時はパワーポジションから左足を踏み出し速やかに前進すること、③ボールの横に入りスタンスをとること、④ショートボールはコンパクトなスイングを心掛けること(テイクバックも小さめにする)(ベースライン付近のスイングと同じではバックアウトしてしまう)、⑤低い打点となった時は膝を充分に曲げること。
続いて下がってベースライン付近で打つストロークの留意事項です。⑥下がり方が自動車バック(正面を向いたまま下がる)にならないこと、⑦横向きとなり、両足を互い違いに運ぶこと、⑧そのまま(横向き)下がりながら軸足(右足)を決めて、⑨左足を踏み込んでうつこと、等々でした。 

さて、皆様方は神谷絵梨奈選手のスローモーション動画をご覧になって、ショートボールを打つ時とベースライン付近に下がって打つストロークに於いて、左足の踏み込み方が異なっていることに気が付いたでしょうか。ショートボールの場合は左足を前に踏み込んで打っていますね。一方、ベースライン付近への下がってのストロークでは、左足の踏み込みがやや開いてオープンスタンスぎみになっております。これは大切なことなのです。どんなボールも左足を前に踏み込んで打つことに固執した指導をなさる方もいらっしゃいますが、管理人はオープンスタンスで打つストロークを重視しております。賛否両論があるとは思いますが、後ろに下がって打つストロークは、ややオープンスタンスぎみに身体を開いて打った方がスムーズな腰の回転が出来るのではないかと考えます。
















ヨネックスの神谷絵梨奈選手と山瀬侑希選手に於かれましては有意義な講習をありがとうございました。また機会ごございましたば、是非、お会いしてお話をしたいです。
 
下記のバナーをプチッとして当ブログの順位を確認して頂ければ嬉しいです。皆様方にクリックして頂きますと当ブログのポイントが上がります。皆様方のご支援は管理人にとって大きな励みになりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログ人気ランキング(ソフトテニス)
にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ
 

2014年2月15日土曜日

東松山ジュニア・近隣ジュニア講習会に参加しましたぁ(その5)


 皆様方、こんにちはぁ。

 先ずは、ソチオリンピック男子フィギュアスケートに於ける羽生結弦の金メダルをとても嬉しく思っております。同じ日本人として、こんなに喜ばしいことはありません。インタビューでは19歳とは思えない様な素直な謙虚さで、素晴らしいと思いました。

 
video
 

頑張れ、日本!
頑張れ、東北!

  羽生選手は管理人と同じく、東北地方出身です。羽生選手は宮城県、管理人は岩手県です。間もなく震災から3年を迎えますが、羽生選手の活躍は東北地方の方々に大きな勇気、希望、そして何よりも素直な喜びを与えてくれたと思います。
 管理人は今朝のニュースで羽生選手のインタビューを聴いて、涙がボロボロと止まらなくなりました。管理人は涙腺が緩いのです。

 そして・・・、昨夜のとんでもないドカ雪はもの凄かったですね。管理人は隣市熊谷の江南地区に研究所と工場がある某製薬会社に車通勤にて勤務しておりますが、昨夜の帰路は大渋滞で4時間近くを費やしました。途中で屋根の上に30cm以上積もった雪がフロントガラスを直撃、ワイパーが動かなくなってしまいました(修理が必要かも知れません)。

 今朝の熊谷の積雪は62cm1936223日の45cmの記録を大幅に上回る78年ぶりの新記録更新です。今朝の熊谷市の動画を入手しましたので、ご覧になって下さい。

video



 今年は明らかに異常気象の様相です。2週間続けてのドカ雪、更に来週の19日(水)にも降雪が予報されております。皆様方も健康を害さない様にどうぞ気を付けて下さい。


  さて本題のソフトテニスです。本日は、東松山ジュニア・近隣ジュニア講習会の第5弾です。講師は実業団ナガセケンコー前監督の大野美紗子先生、森田千尋選手・藤崎安葉選手(ナガセケンコー)、森田奈緒選手、山下ひかる選手(ヨネックス)が来てくれました。今日は山下ひかる選手と藤崎安葉選手のスマッシュを見て頂きましょうね。

 それでは、講習会動画をご覧になって下さい。
 
 

 
 大野美紗子先生曰く、①ラケットを背中越しに大きく引かないこと(これではタイミングが遅れてしまう)、②電話の受話器を耳に当てる様なテイクバックが良い、③イースタングリップ若しくはそれに近いグリップとすること(ウェスタングリップではリバース回転してしまい左方向へ引っ張るスマッシュが出来ない)、④下がり方は自動車バックにならない様に横向きとすること、等々のご指導がありました。

 大野先生はスマッシュのボール挙げの際、左手をお使いになられます。これはサービスのトスの感覚を培うものになっています。

 それでは、ここで山下ひかる選手と藤崎安葉選手のスマッシュをスロー映像で見てみましょう。


ポイントを挙げますと、①身体全体を柔らかく使っているのが良く解ります。②またステップは軽やかで且つ細かく微調整されていることに気が付くかと思います。③更にラケットの軌道は真上から出ています(初心者は横振りになる傾向がありますので注意です)。お二人とも素晴らしいですね。④そしてボールを捕える前に左手も高く上げているのは特筆すべき事項だと思います。





 



 
当該講習会を企画・運営して頂きましたプロショップ・サンワ様、そして東松山ジュニアテニススポーツ少年団の皆様方、大野美紗子先生、森田千尋選手、藤崎安葉選手、森田奈緒選手、山下ひかる選手に感謝しております。本当にありがとうございました。
 
下記のバナーをプチッとして当ブログの順位を確認して頂ければ嬉しいです。皆様方にクリックして頂きますと当ブログのポイントが上がります。皆様方のご支援は管理人にとって大きな励みになりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログ人気ランキング(ソフトテニス)
にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ
 

 

2014年2月11日火曜日

神谷絵梨奈選手(ヨネックス)のフットワークを使ったフォアハンドストロークの教え


 皆様方、こんばんはぁ。
 本日は祝日、建国記念日です。建国記念日は我らが祖国、日本の国の誕生日なのです。



  国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23720日法律第178号)第2条は、建国記念の日の趣旨について、「建国をしのび、国を愛する心を養う。」と規定しております。1966年(昭和41年)の祝日法改正により国民の祝日に加えられ、翌1967年(昭和42年)211日から適用されました。
他の祝日が祝日法に日付を定めているのに対し、本日のみが「政令で定める日」と定められています。この規定に基づき、佐藤内閣が建国記念の日となる日を定める政令(昭和41年政令第376号)を定め、「建国記念の日は、二月十一日」としました。211日という日付は、明治時代の初期に定められ1948年(昭和23年)に廃止された紀元節と同じであります。紀元節の日付は、『日本書紀』にある神武天皇が即位したとされる日(辛酉年春正月庚辰朔)に由来します。


 
本日は、各地の神社仏閣にて「建国祭」などの祭りが執り行われております。



 


 
 我々は誇り高き日本人です。国家感を持ち続けることは大切です。昨年ですが、こんな記事がありましたよね。 


722日午前915分頃、JR南浦和駅京浜東北線ホームで、電車から降りようとした女性乗客がホームと車両の間に落ちました。

◆そして駅員が女性を引き上げようとしたがうまくいかず、その様子をホームで見ていた乗客らが自主的に協力しました。

◆居合わせた乗客ら約四十人が車両の側面を押して隙間を広げ、女性を引っ張り出して救出しました。

◆女性が引き上げられると、その場から大きな歓声がわいたといいます。

◆この報道は一夜にして世界中を駆け巡りました。外国人のその反応は・・・。

☆米CNNテレビは22日夜、キャスターが「日本から素晴らしいニュースです」と前置きし、女性救出を報じた。「生死に関わる状況で、駅員と乗客が冷静に協力した。おそらく、日本だけで起こりうること」

☆「お前らこれアメリカじゃ見れないぞ。みんな写真撮り始めるから」

☆「みんな助け合う意識が強く、それを実行に移せるんだ!欧米でも同じ事が起こりえる、とはちょっと俺の口からは言えない。」

☆「輝かしいね。もしこれがイギリスの駅だったらみんなiphoneで挟まれた人の写真を撮ってFacebookに乗せるだけだよ」

 ☆あれだけのことがあって、その電車は8分の遅れで済んだなんて凄い!

☆日本に感銘を受けた。こういうのが本当に進んだ国の姿なんだよな。

☆みんな自発的に動き出したんだろうね。悲しいかな、シンガポール人の多くは、同じ事ができないだろう。

☆日本人に脱帽せざるを得ない。共に力を合わせることの意味を彼らはよく分かってるんだ。こっちで同じ事が起ったら、「俺の知ったこっちゃない」って人ばかりだろうよ。

☆協調。社会の結びつき。民度が高い社会。人々の善意。それらがよく表れてる、素晴らしいニュースだと思う。世界中で、こういった光景がもっと見られないといけないんだよ。

☆日本の文化は時々、奇妙で、極めて異国的に映ることもある。だけど、災害があった時、彼らはお互いの事を気にかけるよね。日本のそういうとこって、俺は素敵だなぁって思うんだ。

☆日本にはいまだに、互いに信頼がある、エゴを超えた素晴らしい社会があるね。

我々日本人は性善説で結ばれ、そして一致団結した行動をとることが出来る民族なのです。管理人はこんな日本に生まれることが出来たことに喜びを感じます。

頑張れ! 日本

 
さて、今宵はヨネックスの神谷絵梨奈選手の華麗なフットワークを駆使したフォアハンドストロークの講習を動画で観てみましょう。管理人らが主催しました埼玉県スポーツ少年団ソフトテニス部会の平成25年度ソフトテニス指導者講習会の模様です。。講師としてヨネックスの神谷絵梨奈選手と山瀬侑希選手が来てくれました。




 それでは、早速ですが動画をご覧になって下さい。神谷絵梨奈選手の動き方が解り易い様に動画後半部分にスローモションの映像を組み込みました。

 
 
   先ずはしっかりと定位置でパワーポジションをとること、②次に滑らかな足の運びでボール近づきお臍は横向き、③体重移動を伴いながらラケットを振り切り(その際、お臍の向きは横から前へ、④そして一番大切なのがサイドステップを使って定位置に戻り、⑤再びしっかりとパワーポジションをとる、⑥回り込みのフットワークは先月のブログを参照(http://konosu-pansy.blogspot.jp/2014/01/blog-post_19.html)、⑦同じ様に体重移動と腰の回転をしっかりとりながらインパクト、⑧その後はサイドステップを使って定位置に戻りパワーポジション・・・、こんな流れになりますね。 

管理人が思うに必ず定位置に戻ってパワーポジションをとることが大切です。そのためには、あまりテンポの速いボール挙げは逆効果です。しっかりと構える時間を与える間隔でボールを挙げなければいけません(往々にして指導者はその間を与えずポンポンとボール出しをしてしまいがちです)。それと定位置へ戻る際にサイドステップを取り入れることは特筆すべきことだと考えます。本当に良い勉強になりました。


































 
 ヨネックスの神谷絵梨奈選手と山瀬侑希選手に於かれましては有意義な講習をありがとうございました。また機会がございましたらば、是非またご指導をお願い致します。


下記のバナーをプチッとして当ブログの順位を確認して頂ければ嬉しいです。皆様方にクリックして頂きますと当ブログのポイントが上がります。皆様方のご支援は管理人にとって大きな励みになりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログ人気ランキング(ソフトテニス)
にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ