ようこそ! 鴻巣パンジーテニススポーツ少年団のブログへ

  埼玉県鴻巣市で活動する小学生のソフトテニスクラブです。ソフトテニスを通して子供たちの 健全な心と体を育てることを目的として活動しています。
 詳しくは鴻巣パンジーテニススポーツ少年団のホームページ(http://konosupansy.omegumi.com/)も参照して下さい。
 管理人は将来を担う子供たちの育成ために微力ながらも努力をしていきたいと考えております。
 

2012年8月14日火曜日

グランドストロークのフォーム(その42)

皆様方、御疲れ様でございます。

今日8月14日は『専売特許の日』です。専売特許の日は、日本で最初に特許が付与された日に因み制定された記念日です。日本の特許第一号は、1885年8月14日に免許された、堀田瑞松による「さびどめ塗料とその塗法」であります。管理人は仕事柄(実は製薬・薬業界なんです)、特許に携わる機会が多く、自身も30件以上の出願に携わり発明者となっております。今日、久しぶりにIPDL(特許電子図書館)のページを閲覧してみました。このページの公報テキスト検索で特許検索をしていると時間が経つのを忘れてしまう位、夢中になってしまいます。この分野は企業間のシビアな競争がありますね。いち早く先に出願した者が勝ちなのです。

ところで「要約+請求の範囲」について「ソフトテニス」のキーワードで検索したら、公開特許が21件ヒットしました。この内、7件が特許として成立して登録されておりました。

項番 公報番号 発明の名称 出願人(登録公報・US和抄は権利者を表示)
1 特開2010-075307 テニス用ボール打ち練習具 昭和ホールディングス株式会社
2 特開2009-034229 ラケット ヨネックス株式会社
3 特開2008-104819 グリップの矯正カバー 有限会社AINY 他
4 特開2008-100028 ソフトテニスボール及びその製法。 大貫 ▲高▼志
5 特開2007-289763 ソフトテニスボール用空気入れポンプ 昭和ゴム株式会社
6 特開2006-149793 ソフトテニスボールおよびソフトテニスボール製造方法 昭和ゴム株式会社
7 特開2006-055335 ソフトテニスボールおよびソフトテニスボール製造方法 昭和ゴム株式会社
8 特開2004-201733 ソフトテニスボール及び空気入れポンプ 昭和ゴム株式会社
9 特開2002-306636 ソフトテニスボール空気圧調整具 矢崎 英明
10 特開2001-252377 打球用具におけるバランス調整重り 岡本 幸士
11 特開2001-170215 ソフトテニスボール 昭和ゴム株式会社
12 特開2001-161860 ソフトテニスボール及びその製造方法 昭和ゴム株式会社
13 特開平11-164913 ソフトテニスボールおよびその製造方法 ナガセケンコー株式会社
14 特開平11-057072 ソフトテニスボール及びその製造方法 ナガセケンコー株式会社
15 特開平10-295853 ソフトテニスボール ナガセケンコー株式会社
16 特開平09-192348 学習・判断機能を有するゲーム機 株式会社インテリジェントテクノロジー
17 特開平09-108386 ラケットフレーム 美津濃株式会社
18 特開平09-094312 ノズル付き空気入れにより,空気を注入することができる硬式およびソフトテニスボール 神近 稔
19 特開平07-155405 ソフトテニスボール 昭和ゴム株式会社
20 特開平06-190084 ソフトテニスボールの製造法 昭和ゴム株式会社
21 再表02/053236 グリップエンド底部加重用錘及びグリップエンド底部加重構造 岡本 幸士

興味がある方は前述のIPDL(特許電子図書館)のページから閲覧してみて下さいね。


さて、イントロダクションが長くなってしまいましたが、本日はシリーズ42回目のグランドストロークのフォームの話題です。登場するのは団員R.M君(5年生)です。R.M君のフォームは1月22日のブログ投稿でグランドストロークのフォーム(その14) として紹介しておりますので、参照して下さい。課題は、①2軸となる左足の踏み込みが浅く膝の曲りが足りないこと、②インパクト直後のラケットの面が薄く、ドライブ回転は良くかかっているのですが、コースをコントロール出来ていないことでした。後者に関しては打点を上げることで解決されるであろうと考えておりました。

それでは何時もの様に彼のフォームを連続写真で見てみましょう。撮影は6月30日、鴻巣市上谷総合公園テニスコートです。

 写真1

 写真2

 写真3

 写真4

 写真5

 写真6

 写真7

 写真8

 写真9

 写真10

 写真11

 写真12

 写真13

 写真14

 写真15

写真 16

 写真17

写真18

それでは彼のフォームを時系列で考察していきましょうかぁ。①先ずバックスィング(テイクバック)ですが、非常に高い位置に右掌があり、しかも身体の前方に据えていますので素晴らしいです(写真1~4)。②左膝を中に入れる様な足の引き方をしているのもGoodですねぇ(写真1)。③2軸となる左足の踏み込みが大幅に改善され力強く前に出されています、足のスタンスも充分に広く重心が下がっております(写真5)。④右肘から前に出しているスィングは、腕とラケットがしなる様な感覚がありVery Goodです、この様なスィングはスピードボールが打てます(写真8)。⑤インパクトの直前に前に押し出す様に右膝及び左膝が良く曲りGoodです、もう少し打点を高くすることが出来れば尚一層良いでしょうね(写真9)。⑥フィニッシュはラケットが良く振り切られておりOKです(写真18)。総じて彼のフォームは大分改善されております。ラケット面の薄さも治っており、程よいドライブ回転がかかっており、ボールが良くコントロールされております。あとは前述の様に意識して打点を上げていくことが大切ですね。

例によって上記の写真1~18をスライドショーにしてみました。また別の角度から撮った連続写真もスライドショーにしましたので、ご覧になって下さい。

video

彼は、ここから数箇月間の惜しみない努力と頑張りがあれば、年度末に開催されます第12回全国小学生ソフトテニス大会へ進出することも可能かと思います。 埼玉県予選は11月です。ペアを組んでいるM.T君(5年生)と一緒に積極的な姿勢で練習に励んで欲しいと思っております。

努力に勝る才能なし

下記のバナーをプチッとして当ブログの順位を確認して頂ければ嬉しいです。皆様方にクリックして頂きますと当ブログのポイントが上がります。皆様方のご支援は管理人にとって大きな励みになりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログ人気ランキング(ソフトテニス)
にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ



0 件のコメント:

コメントを投稿