ようこそ! 鴻巣パンジーテニススポーツ少年団のブログへ

  埼玉県鴻巣市で活動する小学生のソフトテニスクラブです。ソフトテニスを通して子供たちの 健全な心と体を育てることを目的として活動しています。
 詳しくは鴻巣パンジーテニススポーツ少年団のホームページ(http://konosupansy.omegumi.com/)も参照して下さい。
 管理人は将来を担う子供たちの育成ために微力ながらも努力をしていきたいと考えております。
 

2012年5月24日木曜日

サービスのフォーム(その3)

皆さん、こんにちはぁ。今日はまさに晩春、暖かくて過ごし易い一日でした。週末も雨は降らずにテニスが出来そうで何よりです。
今日は本ブログに於いてシリーズで始めました『サービスのフォーム』の第3弾です。今回登場致しますのでは、鴻巣パンジーの副キャプテンであります団員A.Mちゃん(6年生)です。A.Mちゃんの5年生時代のストロークのフォームは嘗て『バックハンドストロークのフォーム(その7)』及び『グランドストロークのフォーム(その4)』で紹介しておりますので、参照して下さい。彼女も精神的に大分成長してきたと思っております。またその成果が大会の結果に現れてきていると考えております。

それでは何時もの様に彼女のサービスのフォームを連続写真で見てみましょうかぁ。撮影は5月12日於鴻巣天神テニスコート、管理人がカメラマンになりました。
 写真1
 写真2
 写真3
 写真4
 写真5
写真 6
 写真7
 写真8
 写真9
 写真10
 写真11
 写真12
 写真13
 写真14
 写真15
 写真16
 写真17
 写真18
 写真19
 写真20
 写真21
 写真22
 写真23
 写真24
写真25

復習になりますが、管理人が考えるサービスのポイントは下記のとおりです。①トスを正確に上げること(肘は曲げずに目の高さでボールを放す)、②軸足となる左足(右利きの場合)が一貫してブレない様にすること、③インパクトまでの間、膝を曲げて上半身を弓の様にしならせて身体のバネと回転を有効に使うこと、④腕を高く伸ばして一番高い打点でボールを捕らえること、⑤インパクトの後にリストを柔らかく使ってボールに回転をかけること等々です。
それではA.Mちゃんのフォームを考察していきましょうね。先ず、1)サービスに入る姿勢ですが(野球のピッチャーで言えばセットポジションといったところでしょうか・・・)、足のスタンスと身体の向き(角度)も良好で、落ち着いてコースを良く見定めている感じがいいですね(写真1)。2)トスを上げる前の姿勢は左腕をしかっりと伸ばしたまま下方へ持ってきておりGoodです(写真4)。この時に軸足となる左足のつま先を上げているのも良いと思います(写真4周辺)。3)左腕を伸ばしたまま上げて、目の高さでボールを放しているのもGoodですね(写真7)。4)ボールが上がっている最中に身体を弓の様にしならせて身体全体をバネの様に使っているのもGoodです(写真11付近)。5)身体のバネを使った反動と且つ高い打点でボールを捕えようとして軽くジャンプしているのもOKです(写真18付近)。
気になる箇所が2点あります。1)軸足となる左足の位置がトスを上げてからインパクトまでの間に動いてしまっています(写真9→10)。ヨネックスの逢野祐子選手もアドバイスとして仰っておりましたが、軸足となる左足の位置をずらしてしまってはいけません。サービスのコントロール精度が落ちます。即ちサービスの確率の低下に繋がるので改善した方が良いかと思います。2)高い打点でボールを捕えようとの意識は感じますが、右腕がやや外側方向に伸びて、即ち上斜め横からラケットが出ている様です(写真16~18付近)。これが真上からの軌道に修正できれば、より強力でより確率の高いサービスが打てる様になるかと考えます。
最後に上記の連続写真をスライドショーにしてみましたので、ご覧になって下さい。
video

A.Mちゃんは一生懸命に練習に取り組んでおります。サービスもどんどん上手くなっていくでしょうね。管理人はそんなA.Mちゃんのことを応援しております。次回のブログでは、彼女のフォームを角度を変えて撮影しておりますので、その写真を紹介しようと考えております。



下記のバナーをプチッとして当ブログの順位を確認して頂ければ嬉しいです。皆様方にクリックして頂きますと当ブログのポイントが上がります。皆様方のご支援は管理人にとって大きな励みになりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログ人気ランキング(ソフトテニス)
にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

0 件のコメント:

コメントを投稿